カレーうどんとカレー南蛮の違いって?

記事がよかったと思ったら、シェアをお願いします

カレーうどんって美味しいですよね。もともとはそばのほうが好きな私ですが、カレーうどんは大好きです。

ところでカレー南蛮ってありますが、たまに立ち食いそば屋で「カレー南蛮うどん」なるメニューを見かけて、それって間違いじゃないのって思うことがあります。

どうして間違いなのでしょうか。そもそもカレーうどんとカレー南蛮の違いって、説明しろと言われるとちょっとあいまいになってしまいます。そこで調べてみました。

知っていても別に役立つことじゃない雑学ですが、小ネタのひとつとしてお付き合いいただければと思います。

カレーうどんとカレー南蛮の違い

カレーうどんですが、こちらはその名の通り、カレー粉ベースの汁を使ったうどんで異存はないかと思います。具材には玉ねぎが入っていることが多いようです。

ではカレー南蛮。お分かりになりますか? 蕎麦屋で南蛮がついたメニューというと鴨南蛮を思い浮かべます。ここでいう南蛮とはネギのことを言います。つまりカレー南蛮=カレーネギそばのことを言うのですね。

冒頭の話に戻りますが「カレー南蛮そば」だと、カレーそばそば、みたいな感じになるので、何となく違和感を感じるのです。

しかし、最近では、カレーうどんが圧倒的人気で、カレー南蛮自体の存在感が薄いので、あまり厳密なことを言っても仕方がないですね。

まとめますと、カレー南蛮はカレーそばのこと、カレーうどんは、その名の通りカレーうどんということで間違いないでしょう。

ただ最近はお店によっては、カレー南蛮でも、そばとうどんを選べるところが増えていますね。つまりカレー南蛮うどんと、事情を知っている通な人からは、それは違うぞ! とツッコミが入るかもしれません(笑)

ではそもそもカレーうどんやカレー南蛮ってどこのお店が発祥なのでしょうか。

カレーうどんの元祖

カレーうどんをはじめて出したお店ということ諸説あるようです。ネットでの情報を元にして調べてみると、東京の早稲田にある江戸時代から続く老舗蕎麦屋の「三朝庵」さんが出したのが初めてだという記述が多かったです。
名古屋では「鯱の屋」さんというお店が出したと言われる事が多いようです。

ちなみに「三朝庵」さん、カツ丼も初めて出したと言われていますが、真実はどうなんでしょうね。

カレー南蛮の元祖

カレー南蛮のはじめて出したお店は大阪の「東京そば」さん。って何だか変な感じですね。

もともと東京目黒の「朝松庵」さんの2代目主人角田西之介氏が、明治41年ころ、流行りの洋食を取り入れてカレー味のそばをこしらえて、大阪の谷町で「東京そば」として売りだしたのが、カレー南蛮の元祖と言われています。

まとめ

いかがでしたでしょうか? カレーうどんとカレー南蛮の違いはお分かりになりましたでしょうか?

最近、カレーうどんばかり食べていますが、たまにはカレー南蛮(そばのほう)も食べてみたいなと思いました。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

記事がよかったと思ったら、シェアをお願いします

ブログの更新情報をお知らせします。フォローお願いします♪

スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA